なんと日本人の7割が包茎?どのような治療の方法があるの?

包茎にはどのような種類があるの?

包茎と一言といってもその状態によっていくつかの種類に分けられます。平常時に皮が被っているけども簡単に亀頭を露出できる仮性包茎、平常時だけではなく勃起時にも皮が剥けない真性包茎、皮を剥くことはできるが、簡単に元の状態に戻すことのできないカントン包茎などです。

包茎にはどのようなリスクがあるの?

包茎全体に言えるのは、衛生上の問題です。恥垢がたまりやすいため、ばい菌が増殖し、悪臭の原因になります。また、真性包茎やカントン包茎の場合は、洗うことが難しいので、病気になるリスクも増大します。
また、包茎の場合、平常時に完全に鬼頭が露出している人に比べて鬼頭表皮が薄いため、弱く傷つきやすいです。そのため、性病のリスクが増します。

治療方法は?クリニックは?

包茎手術も保険適用になる場合がありますが、対象となるのは、真性包茎とカントン包茎に限られます。仮性包茎は、自分で皮をむいて洗うことができるので、保険適用外になっています。
保険適用される手術方法には環状切開術と背面切開術の2つがありますが、よく行われているのは前者です。環状切開術は文字通り皮を一周亀頭が平常時に露出する長さまで切り縫い合わせる手術になります。手術跡が残りやすいという欠点があります。
軽度の包茎の場合には、背面切開術が用いられます。陰茎背面の皮膚を縦方向に切開後、横方向に縫合する手術方法で皮膚を切る量が環状切開術に比べて少なく、傷跡も目立ちにくく、回復も比較的早いという利点があります。
他にも自由診療になりますが、包茎手術の方法は多くあります。
包茎手術は全国のクリニックで行われていますが、費用や出来には差がありますので、事前に口コミを参考にしながら決めるのが良いかもしれません。

包茎を治療する際に健康保険が適用できるのは、カントンか真性のいずれかの場合のみです。ただし、選択できる術法が限られるので、あえて自由診療とした方がより良い治療受けられることがあります。