もしかして、髪が薄くなっている?女性が薄毛に悩んだら

女性の薄毛は複数の種類があります

女性もさまざまな理由から薄毛になることがあります。女性にとって艶やかで豊かな髪はとても大切なもの。薄毛に気がついたら速やかに対処して進行を防ぎましょう。

男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンの働きが原因です。しかし女性の薄毛の場合は複数の種類があり、原因も異なりますので、まずは薄毛の種類を見極めることが大切です。

こんなにある女性の薄毛の種類

女性の場合、いつも同じように髪を結わえていてて髪が抜けてしまうケースや、産後のホルモンバランスの関係で抜け毛がひどくなるケースがあります。この場合は、対処はそれほど難しくなりません。髪型を変えたり、何もしなくても自然に収まったりします。

頭皮の皮脂の過剰分泌が原因となることもあります。余分な皮脂があると頭皮にカビが繁殖して、脂漏性皮膚炎を起こします。その炎症が原因で脱毛症を発症するのです。この場合は皮膚科などを受診し、抗真菌薬を用いてカビの除去を行う必要があります。

女性の薄毛で最も多いのは、びまん性脱毛症です。これは何らかの原因でホルモンバランスがくずれ、男性ホルモンが優勢になることで起こります。ホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足、加齢など複数の原因が考えられます。改善するためにはホルモンバランスを整えることが大切ですので、生活習慣の改善やストレスの解消を行うことが大切です。病院を受診して女性用治療薬を処方してもらうと、効果が期待できます。

早めの受診がおすすめです

女性の薄毛にはさまざまな種類があり、対処を間違えると悪化してしまう可能性もあります。薄毛に気づいたら、自己判断せず早めにクリニックを受診することをおすすめします。早期に適切な治療を行うことで、美しく豊かな髪を取り戻せるでしょう。

agaの治療で使われるのが、ミノキシジルとプロペシアです。ミノキシジルは血行を良くして栄養を髪に与えることで発毛を促し、プロペシアは原因である男性ホルモンに働きかけます。