うつ病を克服するための精神保健福祉士の利用法

心療内科には精神保健福祉士がいます。

皆さんはストレスが原因で眠れないなどの症状やそれに伴う鬱症状に苦しんだ事はありませんか。眠れない時や身体的な不調が現れた時に治療に当たるのが心療内科です。心療内科には医師や看護師はもちろん、精神保健福祉士などの福祉関係のスタッフも常駐している場合があります。何故精神保健福祉士が常駐しているのかというとうつ病などの心療内科の疾患は薬剤だけでなく、金銭的な問題や家事援助などの福祉的なサポートも大切だからです。精神保健福祉士と付き合い方を伝授したいと思います。

金銭的なサポートをします。

精神保健福祉士は医療チームの一員ではありますが、福祉的な視点から支援する専門家です。金銭的な問題がある場合には障害年金や生活保護などを申請のサポートを行います。基本的には申請のコツを教えて自分達で申請するのが基本ですが、精神保健福祉士によっては一緒に申請まで同行してもらえる場合もあるので、不安な場合には同行できないか問い合わせするのも良いです。

相談支援専門員とも連携しています。

病院に勤務している精神保健福祉士は相談支援事業所に勤務している相談支援専門員とも日頃から連絡を取り合っています。相談支援専門員は障害者総合支援法で定められている家事援助や就労支援などを利用するために必要なサービス等利用計画を作成する福祉の専門家です。精神保健福祉士に家事援助や就労支援などを受けたいと伝えれば相談支援専門員を紹介してもらう事も可能です。しかも紹介したら終わりではなく、その後のサポートもきちんとしてもらえます。

岡山の心療内科は癒しの空間を提供する落ち着いた雰囲気の心療内科が多いです。専門医のカウンセリングも充実しており、また治療をするために便利な制度についての説明も詳しく行ってくれる病院が多いです。