聞きたくても聞けなかった!?女性器整形のメリット&デメリット

女性器整形が救ってくれるもの

性器がはみ出したり、形が悪かったり、黒ずんでいたり、小陰唇・大陰唇がシワシワになっていたり、臭かったり。
そんな他人には相談できないデリケートな部位について、深刻な悩みを抱えている女性は大勢います。女性器整形はそんな彼女達に希望の光を与える手段です。

女性器整形手術の種類

女性器整形には様々なタイプがあります。
小陰唇の伸びて長くなっている部分や黒ずんだ部分を切除して短くする小陰唇縮小手術は、30分程度で小陰唇を適切な長さに左右対称に整え、美しく仕上げます。
処女膜再生手術は、性行為によって切れた処女膜を縫い合わせます。初体験ならではの出血・痛みも戻り、20分程度で処女に戻る事ができます。
他には異臭対策のすそ腋臭・クリトリス包茎手術や、陰毛植毛、膣縮小等、あらゆる部位に対応した手術があります。

メリットとデメリット

女性器整形は女性としてのコンプレックスを完全に解消させる事で、恋愛活動・夫婦関係において自信を取り戻す所に最大のメリットがあります。手術といっても、大抵が局所麻酔の日帰り手術なので、身体への負担が少ない所もポイントです。性行為は1ヶ月程度我慢する必要はあるものの、多くの場合、シャワーも当日から浴びる事ができます。
対して女性器整形は、保険適用外となるため、高額になる上、対応できる病院が限られているデメリットがあります。また術後の仕上がりは手術の方法や医師の経験等でも左右されるため、病院選びでは予め成功事例数や患者の声を聞く事は非常に大切です。

近年女性器、例えば大陰唇や小陰唇の形やサイズに悩んで女性器整形手術を受ける女性が増えています。他人と比べて違和感を感じたり、パートナーから指摘されることなどが、きっかけになることが多いようです。