どんな工程が必要?酸洗いにおける化学洗浄処理とは

薬品の入った洗浄槽へ漬ける

酸洗いは酸やアルカリなど、さまざまな薬品を使って化学洗浄処理を行います。汚れを除去するのが主な目的で、鉄やステンレスといった設備機器にも実施されている処理です。化学洗浄によって本来の機能や性能、美しさも蘇ります。生産効率や稼働率が上がり、設備機器の長寿命化も促進できるのが特徴です。作業方法は大きく分けて3つあります。浸漬洗浄は最も一般的で、薬品の入った洗浄槽へ対象物を漬ける方法です。最初は強アルカリ性薬品の脱脂槽で、油脂分や塗料などを除去します。槽は鉄製で、加温するための装置も必要です。次に強酸性薬品の脱錆槽で、錆や溶接スケールなどを除去します。槽の腐食を防ぐため、内側に特殊加工を施しているのがポイントです。

配管を外せない現場でも施工できる

最後は弱アルカリ性薬品の防錆槽で、錆防止の施工を行い作業は完了です。循環洗浄は仮設槽とポンプを使って、対象物に薬品を循環させます。ボイラーや熱交換器など、配管を外せない現場で施工される方法です。対象物が洗浄槽に入らない場合には、直接薬品を塗っていく塗布洗浄が行われます。主にステンレス製品が対象で、特殊な箇所や部分的に洗浄したいときにも便利な方法です。酸洗いが上手く出来ていないと、メッキが密着しないなどの問題も出てきます。チタン製品は研磨しても光沢が出なかったりするので、酸洗いは研磨やメッキの前処理としても重要な工程です。化学洗浄を行う際は、排水処理や安全対策も万全にしておかなければなりません。

酸洗いとは金属製品を硫酸や塩酸などの酸に漬けて金属製品の表面についているサビを除去してメッキをかけやすくするための便利な方法です。