耳によくするCADって??CADについて知ろう!

今さら聞けない?CADとは何?

パソコンが普及し、最近はCADと言う言葉をよく耳にするようになりました。CADとは、「Computer Aided Design」の略になり、手作業で行なっていた設計や製図を、コンピュータを使って効率よく行うことを言います。CADソフトは、さまざまなものが販売されており、今や設計や製図をする上では欠かせないものとなっています。

CADのメリットは一体何?

手書きで作成していた時は、ミスがあれば他の部分は消さないように修正をし、場合によっては、紙が破れてしまうなどのトラブルが発生してしまうこともありましたが、CADの場合は、他の箇所に影響を与えず、正確に修正を行うことが出来ます。また、CADを使えば複数人で図面作成が出来たり、データの管理もしやすいメリットなどがあります。

CADを仕事にするにはどんな人がむいている?

CADを仕事にするにあたり、必要な資格はありません。なので、未経験の人でも仕事にすることが可能です。しかし、CADで制作する図面は、設計者だけではなくデザイナーなど製品に関わる人すべてに共有されるものになります。ミスがあれば、不良品となってしまいます。几帳面であること、正確にミスなく仕事が行えることは、必須条件といえるでしょう。また、細かい作業を行うこともよくあります。パソコンに長時間向かい、地道に作業を行うことも少なくはありません。集中力であったり、忍耐力も必要となります。そして、設計を行うにあたりやはり、期限があります。長い期間設計に時間を費やしていると、製品が出来上がるまでにかなりの時間がかかってしまいます。スピーディーに仕事を行うことも必要です。知識や経験を積むことがCADを仕事としていく上で、大切と言えるでしょう。

水道CADとは、上下水道の工事に必要な図面や書類を効率よく作成できるようにカスタマイズされたCADソフトです。