合宿免許っていろいろな評判聞くけど実際どうなの?普通車の合宿免許の基本まとめ

そもそも合宿免許って?

合宿免許とは教習所に合宿で行き、免許を取得するものです。長期休暇の学生などがメインで利用しています。

合宿免許って何日くらいで取れるの?

免許取得には規定のカリキュラムを終わらせなければならないのですが1日にできるカリキュラム数に規定があるのでオートマなら最短14日、マニュアルなら最短16日となっており、それ以上早く終わらせるのは不可能です。ただ、合宿が終わればすぐに車に乗れるというわけではなく、住民票のある地域の免許センターで本免試験という試験を受ける必要があります。また、仮免試験や、本免の技能試験に不合格になると卒業日が遅れてしまいます。ほとんどの人は予定日に卒業できるのですが念のため、合宿免許の直後には大事な予定は入れないようにしておきましょう。

合宿免許にかかる費用は?

合宿免許って宿泊費もかかるから通学免許よりも高いんじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。しかし、むしろほとんどの場合、合宿のほうが安いです。これは、通学免許は予約制であるため教習所側に手間がかかるからです。

合宿免許のおまかな流れは?

まず、初日に書類記入、適性検査(視力検査、聴力検査などと性格診断)があります。そして、大体の場合、1日目から学科教習と技能教習が始まります。技能検定はオートマの場合、6日目まで教習所内での教習、7日目に仮免試験、それから13日目まで路上教習、最終日に卒業検定となり、マニュアルの場合、8日目まで教習所内での教習、9日目に仮免試験、15日目まで路上教習、最終日に卒業検定となります。

合宿免許は卒業まで3食付きとなっており、定食・バイキング・弁当等で食事を楽しむ事が出来ます。一般的に食事会場は教習所・提携ホテル・提携飲食店です。