研究開発をスムースに進めることができるCADの便利さはこれだ!

手書きの図面からの脱却

製図作業はもともとドラフターをいう製図道具をつかって、手書きで作成していました。断面図やそのレイアウトなど頭を使いながら書かなければなりませんし、1本1本の線が手書きですので時間がかかってしまいます。修正もきめ細かな作業となり、黒くなって見えにくくなる欠点もあります。これを解消したのが、パソコン上で作図ができるCADソフトです。線を自由自在に引くことができますし、修正も簡単に行えます。断面図のレイアウトも自由に変更できますので利便性が高いのです。従来は設計図面を紙で運用して工場や関係者で持ち回りやコピーで共有していましたが、データの送付で簡単に意思疎通を図ることができました。データを共有することで複数人での作業も可能になります。

作図作業以外にも活用ができる

CADは2Dの作業が始まりでしたが3Dで作図ができるようになりました。これにより組立図の作成や干渉チェックなどいろいろな検証ができる環境が整いました。さらに、3Dモデルの作成後に2D図面の作成が簡単に行え、断面図や寸法入力も自動化が可能となり開発活動が効率的に行えるようになっています。もっとも効率化に寄与したのが解析機能です。流体や応力解析を3Dモデルを使って行うことで信頼性のある設計であるかの検証が同時にできるようになりました。さらに、CADソフトの種類がたくさん世の中にリリースされる中、中間ファイル形式を採用することで互換性を持つことができ、企業間でのやりとりがスムースになっています。

CADとは、コンピュータを用いた設計ツールです。電気CADとは、電気の設計に特化した設計ツールのことを意味します。